一致するものがありません
リクエスト回数が多すぎます,少し時間を置いて再度お試しください
ネットワーク設定を確認して再試行してください 更新
読み込み中
検索履歴 delete
    相場 全て >
      ニュース 全て >
        donwloadimg

        アプリをダウンロード

        ログイン後利用可能
        トップに戻る

        MACD 移動平均収束発散法

        1. 概要

        短期と長期の指数移動平均線の価格差の推移をグラフ化したものです。

        さらに、MACDを移動平均線化したシグナル(DIF)との2 本の線で表します。一般的には、MACDがシグナル(DIF)や0円ラインを上(下)に抜けたところが買い(売り)のサインになります。

        また、MACDとシグナル(DIF)との差をMACDヒストグラムと言い棒グラフで表し、トレンドの強さを判断する1つの基準として用いられます。


        2. 計算式

        2.1 平均指数(DI)=(高値+安値+2×終値)/4

        2.2 指数平滑移動平均線(EMA)=前日のEMA+2/(1+移動平均日数)×(当日の平均指数-前日日のEMA)

        2.3 値の差(DIF)=12日のEMA-26日のEMA

        2.4 MACD = 前日のMACD+2/(1+移動平均日数)×(DIF-前日のMACD)


        これらの内容は、情報提供及び投資家教育のためのものであり、いかなる個別株や投資方法を推奨するものではありません。こちらの投資情報は説明目的の用途でのみ提供されており、すべての投資家にとって適切であるとは限りません。また、こちらの内容には何人の投資家の個人的な投資目的、経済状況についての考慮は含まれておらず、個人への投資アドバイスではありません。投資家の皆様が投資判断を下される際には、ご自身の状況に基づき、情報の適切性のご検討をお願いいたします。過去の投資実績は、将来の成功を保証するものではありません。すべての投資は、リスクや元本割れの可能性を免れることが出来ません。moomooは、上記内容の真実性、完全性、正確性、いかなる特定の目的への適時性について、何の表明や保証もいたしません。