こんにちは
moomoo ID:0
ログアウト
donwloadimg

アプリをダウンロード

株式スクリーナー

1. アクセス方法

1.1 経路1:右上検索アイコンから検索ページ > スクリーナー

1.2 経路2:「マーケット」メニュー > 探す > 銘柄スクリーナー



2. 機能の紹介

2.1 利用可能な指標

現在、14 種類の指標がサポートされています:範囲、相場指標、評価、株主、テクニカル指標、1 株あたり、収益性、成長力、運営力、支払能力、現金、ブローカー持株、企業評価、注目指標

2.2 スクリーナーの保存

銘柄スクリーナーの設定中に「結果を確認する」 をタップして、結果が表示できます。設定後は右上にある「保存」をタップすると、当該条件は保存されます。

2.3 保存されたストック ピッカーを表示する

保存されたスクリーナーは、 スクリーナーページで確認できます。


3. 指標の紹介

3.1 範囲

● 地域別:香港株、米国株、中国A株、シンガポール株、日本株、豪州株、カナダ株市場が選択可能

● セクター:メインボード及び業種の選択も可能

● 株式:すべて/マイリストされた株式の選択可能

3.2 相場指標

● 時価総額:銘柄の時価、通貨単位は選択された地域の法定通貨単位

● 価格:

1) 価格範囲:ユーザーが価格範囲を自由に定義し入力し、一方のみを入力すると、デフォルトで最大/最小値は制限されません

2) 最高値:「52週高値」と「52週高値からの上昇率」の選択ができます

52週高値:当日の株価は52週ぶり高値

52週高値からの上昇率=(最新値-52週最高値)/52週最高値

3) 最安値:「52週安値と52週安値からの落下率」の選択ができます

52週安値:当日の株価は52週ぶり安値

52週安値からの落下率=(最新値-52週最安値)/52週最安値

● 気配値変更:5分、本日、5日、10日、20日、60日、120日、250日、年初来騰落率に対応します

● 出来高:当日の出来高、範囲はカスタマイズに入力することができます

● 取引量:当日の取引量、範囲はカスタマイズに入力することができます

● 株価収益率(株価純資産倍率):P/E(LYR)、範囲はカスタマイズに入力することができます

● 株価収益率TTM:P/E率TTM(株価収益率中間値)、範囲はカスタマイズに入力することができます

● 出来高比率:当日の量比、範囲はカスタマイズに入力することができます

● 回転率:当日の乗り換え率、範囲はカスタマイズに入力することができます

● 振幅:当日の振幅、範囲はカスタマイズに入力することができます

● 建玉コスト分布:CYQは流通株式保有コスト分布とも呼ばれ、さまざまな価格での投資家の保有株式数を示します(このデータは見積もりデータです)

1、利益率:現在利益を得ているチップが全体のチップに占める割合

2、区間の重複度:90%チップ区間と70%チップ区間の一致度合。一致度が高いほど、チップコストが集中し、株価の変動幅が高いことを示します

3.3 評価指標

● 株価収益率(株価純資産倍率):P/E(LYR)、範囲はカスタマイズに入力することができます

● 株価収益率TTM:P/E率TTM(株価収益率中間値)、範囲はカスタマイズに入力することができます

3.4 株主

● 総株数: 会社の総株式数、自由入力可能

● 浮動株数: 会社の取引可能な株式数、自由入力可能

3.5 テクニカル指標

周期:60分K、日K、週K、月K

● MA:上昇トレンド、下落トレンドに対応し、MA形態はカスタマイズに入力することができます

● EMA:上昇トレンド、下落トレンドに対応し、EMA形態はカスタマイズに入力することができます

● KDJ:下方乖離、デッドクロス、ゴールデン クロス、上方乖離に対応し、形態はカスタマイズに入力することができます

● RSI:下方乖離、デッドクロス、ゴールデン クロス、上方乖離に対応し、形態はカスタマイズに入力することができます

● MACD交差(強気/弱気相場):下方乖離、デッドクロス、ゴールデン クロス、上方乖離に対応し、形態はカスタマイズに入力することができます

● BOLL:下方バンド下抜け、上方バンド上抜け、中心バンド下抜け、中心バンド上抜けに対応し、形態はカスタマイズに入力することができます

3.6 1株あたりの指標

EPS(1株当たり当期利益):株主がどれだけ稼ぐことができるか、1株当たりのお金稼ぎ

1株当たり利益を希薄化します:株主がどれだけ稼ぐことができるか、1株当たりのお金稼ぎ

1株当たり純営業キャッシュ・フロー:自己資本に対する企業の市場パフォーマンスを測定します

3.7 収益性

基礎財務指標、収益性、CS、運営力、成長力、キャッシュフロー、市場パフォーマンスなど項目タイプを含まれています。

純資産利益率:1単位あたりの純利益を測定するために使用される指標(この指標は最新の決算データを基に算出されます)

利払い・税引き前利益 EBIT(Earnings Before Interest and Tax):企業が利息や所得税を控除する前の利益であり、企業の重要事業経営成果を反映しています。投資家は、プロジェクトに適用される所得税率や資金調達コストを考慮せずにプロジェクトを評価できるため、さまざまな資本構造の中でプロジェクトを検討しやすくなります(この指標は最新の決算データを基に算出されます)

営業利益率:企業の経営効率を測る指標(この指標は最新の決算データを基に算出されます)

営業利益:企業の収益力、高ければよいほど(この指標は最新の決算データを基に算出されます)

親会社株主に帰属する当期純利益:収益力を測る指標(この指標は最新の決算データを基に算出されます)

収益における現金収入:収益質を測る指標(この指標は最新の決算データを基に算出されます)

投下資本収益率(ROIC):総資産の投資収益率

EBITDA EBITDA、Earnings Before Interest、Taxes、Depreciation and Amortization:つまり利息、税金、減価償却、償却前の利益。資本構成や税の影響を受けていない企業の純キャッシュフローの状況を反映します

EBITマージン:利息や所得税を支払う前の利益率で、この指標が高いほど、企業の営業の収益性が高いことを示します

EBOTDA利益率:税引き前利益と減価償却額の合計(つまり、利息および所得税前利益+減価償却+償却額)が売上収益に占める比率。この指標が高いほど、企業の営業の収益性が高いことを示します

財務原価率:企業の財務費用の額を反映します

3.8 成長力

EBIT対前年比成長率:企業の利払い・税引き前利益の前年同期比成長率を反映して、高ければ高いほど良い

売上高営業利益率・変化率:毎年の売上利益伸びるスピードを反映し、高ければ高いほど良い

総資産の前年比成長率:高い純資本利益率(ROE)の下で総資産成長率を高く維持することは、企業が今後さらに力強く成長していくことを示しています

株主利益 GR:毎年の営業利益伸びスピードを反映し、高ければ高いほど良い

総利益の前年比成長率:毎年の営業利益伸びスピードを反映し、高ければ高いほど良い

EPS対前年比成長率:配当の成長力を測定します

ROE対前年比成長率:株主の収益成長力を測る

ROIC対前年比成長率:投資収益率の成長率を測定します

営業キャッシュフローの前年比増加率:経営質の成長率を測る指標

1株当たり営業キャッシュフローの前年比増加率:株主権益に応じたキャッシュフローの成長力を測定します

3.9 運営力

営業活動キャッシュ・フロー:企業の経営質を測る指標(この指標は最新の決算データを基に算出されます)

総資産回転率:その年は全部で何回の売買をしたか、多ければ多いほど良い

固定資産回転率:企業の年間売上純資産額と固定資産平均純額との比率を指します。企業の固定資産回転状況を反映し、固定資産の利用効率を測る指標でありま、比率が高いほど、利用効率が高く、利用効果が高いことを示します

棚卸資産回転率:棚卸資産の回転速度、すなわち棚卸資産の流動性及び棚卸資産の資金調達が合理的であるかどうかを反映し、企業が生産経営の連続性を保証すると同時に、資金調達の効率を高め、企業の短期債務返済能力を強化することを促します

売掛金純額:売掛金が大きすぎるということは会社が収納力が低下か、在庫の水増しすることを示します(過大計上)

3.10 支払能力

流動比率:短期債務の返済能力、大きければ大きいほどいい

当座比率:最も流動性の高い資産を使って短期債務を返済する能力で、大きければ大きいほど良い

流動資産率:流動資産の多寡、会社の流動性を測定します

流動負債率:流動負債の多寡、会社の債務弁償圧力を測定します

財務レバレッジ:企業の負債の程度を表し、権益掛け数が大きいほど、企業の負債の程度が高くなります

株式比率:所有権比率は、株主の持分が過剰であるかどうか(あるいは十分でないかどうか)などを反映し、企業の借金経営程度を示します。この比率は企業の長期的な債務返済能力を測る指標の一つであります

現金と現金等価:企業のキャッシュフロー状況を測定します

3.11 現金

営業現金収入比:収入の換金能力を測定します

営業利益:営業利益に占めるシェアの大きさをを測定します

3.12 ブローカー持株

ポジション集中度:ポジション集中度とは、現在の株式の直近の取引日におけるヘッドブローカーの建玉が全体のポジションに占める割合であります

証券会社の建玉変動:証券会社の建玉の変動とは、現在の株式の直近の取引日における証券会社の建玉変動の割合であります

保有証券会社数:保有証券会社数は、直近の営業日に対応する株式を保有していた証券会社の数

保有証券会社ランキング:保有証券会社ランキングは、直近の取引日における該当証券会社の保有高の対応銘柄のランキングであります

証券会社の建玉量:証券会社の建玉は、直近1営業日に対応する証券会社の建玉が、対応する株式の全証券会社の建玉に占める割合

証券会社の持株比率:証券会社の株式保有比率は、直近1営業日の全証券会社の保有高が発行済み株式全体に占める割合

証券会社の持株変動:証券会社の持株変動とは、直近1営業日の全証券会社の保有高の変動が発行済み株式総数に占める割合

3.13 企業評価

バリュー PE(株価収益率)=株価/1株当たり利益(1株当たり利益=直近12カ月間の親会社株主に帰属する当期純利益/発行済株式数)

PB(株価純資産倍率)=株価/BVPS(1株あたりの純資産)

注:BVPS(1株あたりの純資産)=株主資本/発行済株式数

PS(株価売上高倍率)=株価/1株当たり営業利益(1株当たり営業利益=直近12カ月間の会社の営業利益/発行済株式数)  

注:通常、評価額が低いほど投資価値が高くなります。

1、PEモデルは純利益の指標を用いて企業評価を算出し、長期的に安定して収益を上げている企業により適しています。

2、PSモデルは、売上高の指標を用いて企業評価を算出し、売上高の規模が大きいが利益が少ない企業や、売上高の伸びが速いが利益がマイナスの企業に適しています。

3、PBモデルは純資産指標を用いて企業評価を算出し、より重資産かつ利益が不安定な企業に適用し、周期性が明らかな業界に多く使用します。

4、上記のいずれかの条件が満たされない場合、デフォルトでPSモデルが推奨されます。

5、評価モデルの推奨は、関連する財務指標に基づいてシステムが算出したものであり、その内容はあくまで参考に過ぎず、投資提案になりません。

3.14 注目指標

アナリスト予想:アナリストが株式を格付けするもので、現在は売り、アンダーパフォーム、保有、買い、強力推奨の5段階に分かれています

指標の説明:指標解説は12指標の分析から現在の株式の全体的な指標状況が分かります

大幅な買い越し:短期的なリスクが高いことを示す危険指標のシグナル

買い越し:トレンドが相対的に良くなくなっていることを示す警報指標のシグナル

中立:指標のシグナルがはっきりせず、トレンドが不透明であることを示します

売り越し:トレンドが比較的良好であることを示すポジティブな指標のシグナル

大幅な売り越し:短期的に反発して上昇する機会がある可能性を示す好指標シグナル

国民感情指数:現在の株式のニュースに伝えられている観点(強気、中立、弱気)を分析し、株式ニュースの全体的な情緒を反映するのに用いることができます

これらの内容は、情報提供及び投資家教育のためのものであり、いかなる個別株や投資方法を推奨するものではありません。こちらの投資情報は説明目的の用途でのみ提供されており、すべての投資家にとって適切であるとは限りません。また、こちらの内容には何人の投資家の個人的な投資目的、経済状況についての考慮は含まれておらず、個人への投資アドバイスではありません。投資家の皆様が投資判断を下される際には、ご自身の状況に基づき、情報の適切性のご検討をお願いいたします。過去の投資実績は、将来の成功を保証するものではありません。すべての投資は、リスクや元本割れの可能性を免れることが出来ません。moomooは、上記内容の真実性、完全性、正確性、いかなる特定の目的への適時性について、何の表明や保証もいたしません。