こんにちは
moomoo ID:0
ログアウト
donwloadimg

アプリをダウンロード

KDJ ストキャスティクス

1. 概要 

ストキャスティクス(stochastics)は、RSI同様で相場の買われ過ぎ・売られ過ぎを判断する分析手法で、オシレーター系の指標です。

「%K」と「%D」の2本のラインを利用した、ファーストストキャスティックスと、「Slow%K」と「Slow%D」の2本のラインを利用したスローストキャスティクスの2種類がありますが、ファーストストキャスティックスは、相場の動きに素早く反応するため、短期売買向きですが、だましも多いのが欠点です。それを補う役割を果たすのがスローストキャスティクスで、一般的にはこちらを利用することが多いです。


2. 計算式

ストキャスティクスは、n日以内の買われすぎ、売られすぎの状態を計算するものです。

ファーストストキャスティックス:

%K=(直近の終値-過去n日間の最安値)/(過去n日間の最高値-過去n日間の最安値)×100

%D= m日の%Kの単純移動平均

スローストキャスティクス:

Slow%K=%D

Slow%D=x日の%Dの単純移動平均


3. 参考見方

基本的には、「ボックス相場」で最も効果を発揮し、逆張りシグナルとして利用します。

【買いサイン】

「Slow%D」が0~20%にある時は、売られすぎゾーンと見て「買いサイン」と判断。

 また、0~20%で「Slow%K」ラインが「Slow%D」を下から上に抜ける(ゴールデンクロス)で強い買いシグナルと見なされます。

【売りサイン】

「Slow%D」が80~100%にある時は、買われすぎゾーンと見て「売りサイン」と判断する。また、80~100%で「Slow%K」ラインが「Slow%D」を上から下に抜ける(デッドクロス)で強い売りシグナルと見なされます。


4. 特徴

4.1 「%K」「%D」ラインはモメンタム、RSI、移動平均を組み合わせたもので、短期・中期操作に適しています。

4.2 %Dは%Kに由来するため、%Kよりも緩やかに変動します。

4.3 短期的な買われすぎや売られすぎはRSIよりも正確で、明確な売買シグナルを示すことができます。

4.4 株価の変動から、株価や市場全般の動向を判断することができ、参考性の高いテクニカル指標です。

4.5 この指標は出来高の少なすぎる銘柄には不向きですが、注目銘柄にはより正確です。


これらの内容は、情報提供及び投資家教育のためのものであり、いかなる個別株や投資方法を推奨するものではありません。こちらの投資情報は説明目的の用途でのみ提供されており、すべての投資家にとって適切であるとは限りません。また、こちらの内容には何人の投資家の個人的な投資目的、経済状況についての考慮は含まれておらず、個人への投資アドバイスではありません。投資家の皆様が投資判断を下される際には、ご自身の状況に基づき、情報の適切性のご検討をお願いいたします。過去の投資実績は、将来の成功を保証するものではありません。すべての投資は、リスクや元本割れの可能性を免れることが出来ません。moomooは、上記内容の真実性、完全性、正確性、いかなる特定の目的への適時性について、何の表明や保証もいたしません。