一致するものがありません
リクエスト回数が多すぎます,少し時間を置いて再度お試しください
ネットワーク設定を確認して再試行してください 更新
読み込み中
検索履歴 delete
    相場 全て >
      ニュース 全て >
        donwloadimg

        アプリをダウンロード

        ログイン後利用可能
        トップに戻る

        CCI 商品チャンネル指数

        1. 概要

        CCIは「Commodity Channel Index」(商品チャネル指数)の略で、オシレーター系指標の一つです。相場の過熱感(買われ過ぎ/売られ過ぎ)から逆張りに用いるというよりは、相場の方向性を判断してトレンドフォローに用いることを得意とします。


        2. 計算式

        CCI=(TYP-MA)/0.015×MD

        TYP=(高値+安値+終値)/3

        MA=n日間のTYPの移動平均

        MD=TYP-MAの平均偏差


        3. 参考見方

        CCIは、±100を基準として+100を超えたら買われすぎ、-100を超えたら売られすぎと見なされます。

        【買いサイン】

        ①CCIが-100から-100を突き抜け、0以上に上昇した場合

        ②CCIが-100以下にある場合

        ③価格は下落して安値を更新しているのにCCIが-100から上昇している場合

        【売りサイン】

        ①CCIが+100から+100を突き抜け、0以下に下降した場合

        ②CCIが+100以上にある場合

        ③価格は上昇して高値を更新しているのにCCIが+100から下降している場合

        多くのオシレーター系指標は0~100の間(あるいは-100–+100の間)で示されますが、CCIは数値の上限/下限がないため、場合によっては300近くまで行く事もありますので、チャートを確認しながらボリンジャーバンドや他の指標と併用することをおすすめします。

        これらの内容は、情報提供及び投資家教育のためのものであり、いかなる個別株や投資方法を推奨するものではありません。こちらの投資情報は説明目的の用途でのみ提供されており、すべての投資家にとって適切であるとは限りません。また、こちらの内容には何人の投資家の個人的な投資目的、経済状況についての考慮は含まれておらず、個人への投資アドバイスではありません。投資家の皆様が投資判断を下される際には、ご自身の状況に基づき、情報の適切性のご検討をお願いいたします。過去の投資実績は、将来の成功を保証するものではありません。すべての投資は、リスクや元本割れの可能性を免れることが出来ません。moomooは、上記内容の真実性、完全性、正確性、いかなる特定の目的への適時性について、何の表明や保証もいたしません。